生理前だけなぜか便秘になる体質でした

通っていた産婦人科が、かなりゆるい感じの先生だったので、特別薬をもらって治療するということはありませんでした。

しかし、臨月に近づくにつれ毎回のトイレが憂うつになるほど、便秘具合がひどくなり、10分以上はトイレでこもるというのが普通になってきていました。

これでは日常生活に支障をきたすし、何より辛いので、何か改善する方法はないかと探し、色々試してみました。

私にとって一番効果があったのは、ごぼう茶です。

市販されているので手軽に取り入れられるかと思います。

ちなみに私は、生のごぼうを千切りにして少し乾かしてから、フライパンで香ばしい匂いが立ってくるまでひたすら炒め続けて冷まし、ジップロックにいれて保存。

好きなだけ煮出したお茶を愛用しており、どこに出かけるにもそのお茶を水筒に入れて持ち歩くようにしました。

便秘になると、水分不足というのも原因ので一つと考えられるので、こまめにごぼう茶を飲むように心がけて、便秘解消しました。

【次の日にすっきり?】乳酸菌革命を飲んでみた私の体験談

夕方になると自分で気づくモワッとしたニオイ

ワキとと胸のあたりが午後になるとモワッとした身体の熱気に混じって香るので気になります。

対処としては下着や、シャツ類をハイターでつけ置き洗濯したり、制汗剤スプレーで誤魔化したりしています。

ハイターでのつけ置き洗いを定期的にすることと、下着類、特にパッド類は完全に乾いてから次使う機会がくるようになるべく続けて使わないようにすることでマシになりました。シャツ類の素材も綿100パーセントは着心地は良いですが速乾性が足りないので綿60パーセントポリエステル20パーセントくらいのほうが乾きが早く蒸れるようなモワッとした感じは少ないと感じます。

気になった物としては、メンズでしか見たことないですがメッシュシャツ。仕事では普段ワイシャツなので仕事用に気になります。あとはロールタイプのワキ用制汗剤。

ニオイが気にならなくなったら、朝や夕方のシャワー回数や制汗剤類を購入使用の機会が減ると思うので経済的にもいい気がします。

http://ydyl999.com/

妊娠中に便秘になって実践したこと。

現在二人目の子どもを妊娠中の28歳です。もうすぐ七ヶ月に入ろうとしていますが、常に便秘が続いていました。
一人目を妊娠しているときも便秘だったので、きっと私は妊娠すると便秘になりやすい体質なのだろうと思っています。

妊娠をしていない時も便秘になることはありましたが、最高でも三日程度でしたし出るときは自然に出て便秘終了という感じでした。
しかし妊娠中の便秘は一週間でないなんてこともあります。そして、出る前はお腹がかなり痛いし、出るときもすんなり出ずかなり苦戦します。
自分なりに妊娠中の便秘について調べましたが、やっぱり便秘はよくないとのこと。

お腹は痛いのになかなか出ないので力みますが、その行動がまず良くないみたい。そして出だすと最後は下痢になったりすることが多いのですが、それもまた良くないみたい。
流産に繋がることもあるから下痢を甘く見てはいけないという記事を読み、便秘にならないように気を付けるようにしました。

一人目の時は産院でお薬を処方してもらっていましたが、この薬がかなり効くんです。飲みすぎると逆に出すぎてしまっていたので今回の妊娠では薬は飲んでいません。
日々気を付けていることは、「水分を沢山とること」「キウイやバナナなど食物繊維を含む果物を食べること」です。
あとは「ごはんを沢山食べること」。これは意味があるのか分かりませんが、沢山食べればでるだろう!という極論です。(笑)

初めに挙げた二つは、意識的に続けていると便秘が少なくなりました!
寒い時期は特に水分不足になりがちですが、常にお湯をやかんで沸かしておき、ぬるい状態で飲むようにすれば身体も冷えないし飲みやすいです。
果物はビタミンも取れてお肌にもいいのでオススメです。

妊婦さんの嫌な便秘をすっきり解消!病院の薬を使いたくない人必見!

乾燥と、加齢によって肌のハリが失われつつあること。

 

年々、肌が乾燥しやすくなっていて、化粧のノリが悪くなっていることと、 肌のハリの低下でほうれい線が目立つようになってきたことに悩んでいます。
現在は、基礎化粧品を保湿力の高いものに変えるのと同時に、 コラーゲンやプラセンタが配合されたドリンク剤を定期的に飲む、という対処をしています。

セラミドが配合されている基礎化粧品を使うことです。 高保湿の基礎化粧品はたくさん売られていますが、 中でも、セラミドが配合されているものは使ってすぐに効果が現れました。
乾燥を感じる頻度が減ったのはもちろん、化粧のノリも良くなりました。

これからやってみたいことは、美容クリニックの受診です。 保湿力の高い基礎化粧品を使うことで、ある程度は乾燥の悩みは解消されましたが、 やはり体調や気候によって、波があるのが現実です。 また、どんどんと年齢を重ねていく中でセルフケアや市販の美容ドリンクだけでは限界があるとも感じています。

そこで自分の肌の悩みに合った、サプリメントなどをお医者さんに処方してもらうことで、 内側からしっかりと、お医者さんの見地に基づいたケアをすることで、 しっかりと肌の悩みを解消させたいと思っています。

しっかりと潤う、ツヤのあるお肌になれたら、メイクを楽しみたいです。 今は、どちらかというと、肌の悩みを隠すためのメイクになってしまっていて 楽しむことができていないのが現状です。
若いころのように、メイクを楽しむことができるようになれたらいいな、と思っています。参考にサイトはこちら⇒http://afterglowe.com/

便秘解消に役立つ食べ物:お茶

ただでさえ便秘はツライのに、妊娠中ともなればなおさらツラさが増します。

さらに、妊娠中は食べ物や飲み物の制限が多く、自分の好きなものを食べたり、飲んだりできないことはかなりのストレスですよね。

そこで、オススメなのが、便秘解消に役立つ食べ物、その中でも手軽に生活の中に取り入れられるお茶を飲むこと

今回は妊娠中でも安心して飲むことができる、便秘解消に効果のあるお茶をご紹介していきます。

今回ご紹介するのは、多くの妊婦さんから人気のたんぽぽコーヒーです。

妊娠する前はコーヒーを頻繁に飲んでいた方でも、妊娠するとカフェインを多く含むコーヒーはあまり飲めなくなってしまい、コーヒーを飲めないことがストレスになってしまうことも。

しかし、たんぽぽコーヒーであれば、味は普通のコーヒーと同じようなものの、気になるカフェインは含まれていません

しかも、便秘に効果があり、母乳の出を良くしたりむくみや冷え性などの改善にも効果があります。

妊娠中の便秘解消には、黒豆茶もオススメです。便秘解消に効果があるだけでなく、アントシアニンやポリフェノールなどを多く含んでいるため、目の疲れやアンチエイジングにも効果があります。

また、イソフラボンや大豆たんぱく質が多く含まれているので、美肌や美白効果も期待できるのもうれしいポイントです。

さらに、オリゴ糖も含まれているので、腸内環境の改善を促してくれる、妊娠中の便秘にはもってこいのお茶です。

しかし、注意すべき点が1つあります。黒豆茶はカリウムが多く含まれていること。

腎臓などに疾患がある方は、かかりつけの医師と相談してから飲むようにしましょう。

今回ご紹介したもののほかにも、妊娠中の便秘解消に役立つ食べ物や飲み物などをご紹介しているので覗いてみてください♪

http://xn--vek093g4wgfza031elmqovz.xyz/